HOME > 磐田校TOP > Q&A [免許関係]

Q&A

免許関係 入校関係 教習関係 通学関係
MTとAT
免許取得後、マイカー主体で他に運転する自動車がないのなら、AT免許が良いと思います。
比較的教習がスムーズに進められるほか、AT特有の操作を確実に習得されることで、最近みられるアクセルとブレーキの踏み間違いによる事故の対処法も習得できます。
MTが必要になった
現在お持ちのAT限定免許を、限定解除する教習プランをご用意しています。
最短4時限の技能教習(技量により追加教習が必要となる場合があります。)を行い、卒業検定に合格すれば、後は運転免許センターで適性試験を受けるだけです。
※平成19年6月の改正道路交通法施行後は、免許を取得された時期により教習時間等が異なります。
原付免許
原付免許のみの取得は、指定自動車学校では教習を実施しておりません。
直接運転免許センター(試験場)にて、原付免許試験を受けてください。
ただ、普通免許を取得すれば原付も運転できますので、年齢が18歳以上の方はこの機会に取得してみてはいかがでしょうか。
高齢者講習
70歳以上の方が免許更新時に受けていただく高齢者講習は、免許更新前6ヶ月以内にお近くの自動車学校等で受講してください。
もちろん遠鉄でも実施しておりますので、ご希望の方は浜松校・磐田校窓口までお申し付けください。

浜松校 TEL053-462-1221(代)
磐田校 TEL0538-32-7200(代)

初心運転者講習
普通免許・大型二輪免許・普通二輪免許・原付免許のいずれかを取得して、1年以内(初心運転者期間)に交通違反等による累積点数が(運転免許ごと)3点以上になった場合(但し違反等1回で3点となる場合は除く)、 初心運転者講習を受けることになります。
そして、講習受講後にさらに累積点数が3点以上になった場合や、受講通知を無視して受けなかった場合には運転免許センターでの再試験となり、これに合格できなかった場合、免許が取り消しとなります。
初心運転者講習受講通知書を受け取った時は、記載されている自動車学校等へ直接お問合せください。
中型免許
平成19年6月2日に、中型免許制度を含む改正道路交通法が施行されました。
中型免許は、これまでの普通免許と大型免許の間に新たに設けられる、車両総重量5d以上11d未満・乗車定員11人以上29人以下の 自動車を運転する場合に必要となる運転免許で、中型一種免許と中型二種免許があります。
ちなみに中型一種免許の取得条件は、普通一種免許等の運転経験が通算して2年以上・年齢満20歳以上となります。
中型8t限定免許
平成19年6月2日の改正道路交通法の施行で、中型免許が新設されました。
従来、普通免許と大型免許の2つの区分だったものが、普通免許・中型免許・大型免許の3つの区分に変更され、合わせて運転できる自動車の大きさも変更されました。
特に普通免許は、車両総重量5d未満、最大積載量3d未満、乗車定員10人以下(従来は、車両総重量8d未満、最大積載量5d未満、乗車定員10人以下)となり、 平成19年6月1日以前に取得された方のメリットを生かす為、中型8d限定免許(車両総重量8d未満、最大積載量5d未満、乗車定員10人以下)が特設されました。
スペーサー