HOME > 仕事紹介 >遠鉄バス運転手の1日

遠鉄バス
運転手の1日ONE DAY

路線バスはこうして走る

バス運転手が安全運行に専念できるよう、負担をなるべく減らす仕組みを構築しています。
バス運転手の1日をご紹介しましょう。

1 出勤

1 出勤

出勤したら、まずは運行管理者さんと朝のあいさつ。アルコールチェックをした後、今日の運行ダイヤを確認し、バスの鍵を預ります。一日の仕事が始まります。

2 車両点検

2 車両点検

乗車する車両の点検は、お客様に安全に乗車いただくための重要な業務のひとつ。車両点検の方法は入社後の研修が充実しているので、車や機械に詳しくない方でも安心です! 点検以外の整備は、専門の整備士が行います。

3 始業点呼~出庫

3 始業点呼~出庫

運行管理者さんに免許証を提示し、自身の健康状態・車両状態等を報告します。本日の注意事項を受け、いよいよ運行開始となります。
お客様の「ありがとう」に出会う、バス運転手の業務の始まりです。

4 乗務

4 乗務

走行中、最も重要なことはお客様の安全と快適性。それを思うと、ブレーキの踏み方にも気持ちが入ります。顔見知りになったお客様の笑顔や、感謝のお言葉は、何よりのやる気の源となります。

5 休憩

5 休憩

バス運転手の休憩室は、仲間たちとの語らいの場。楽しいプライベートの話をすることもあれば、今日の道路状況について情報交換をすることもあります。仲間とのそんなコミュニケーションができる場も用意されています。

6 入庫〜終業点呼

6 入庫〜終業点呼

本日の乗務が無事終わったら、バスの終業点検と清掃。アルコールチェックをした後、運行管理者さんに本日の報告をします。
今日もお客様の「ありがとう」を、たくさんいただきました。
お疲れさまでした! 業務終了です。