採用トップ 先輩インタビュー 採用の流れ ごあいさつ ラクラスHP

先輩インタビュー

 
ご利用者様のために何ができるか、いつも真剣に考え続けています。
介護の仕事はチームワーク。信頼される最強の「チーム・ラクラス」をつくりたい。

人に関わる仕事をしたいと思い、介護業界そのものにも興味があって、介護の専門学校を卒業後、大学の社会福祉学部で学びました。新卒で介護系企業に就職したのですが、そこでは一人で頑張り過ぎて しまい、約1年でバーンアウト。遠州鉄道(ラクラス)に入社して、「介護はみんなで協力し合い、チームワークでやるものだ」と改めて認識しました。介護の現場に立つ者にとって一番大切なことは、相手を思いやる気持ちです。ご利用者様が喜んだ時には自分もうれしくなり、ご利用者様が元気がない時には、どうしたんだろうと心配する。こうした共感する心があれば資質は十分。知識と技術は入社後の研修やOJTで習得すればよいのです。ショートステイを利用される方々は心身状態や家庭事情がさまざま。最初はあまり気が進まずに訪れるケースも珍しくありません。ラクラスで何日間か過ごし、「来てよかった」と感じていただけるようにすることが私たちの務めです。何事も突き詰めるタイプの自分は、「ご利用者様のために何ができるか」を考え始めると、ついのめり込んでしまいますが、信頼できる職場の仲間たちと悩みや迷いを共有して、意見交換しながら仕事に取り組んでいます。
 
「○○さんが笑いましたよ!」のひとことで職場全体が盛り上がる。

の仕事はご利用者様ご本人の満足度を高めることはもちろん、ご家族の立場に立って考える必要があります。そのためには、介護職、相談員、ケアマネージャーが連携し、介護保険や資金面 なども見据えてサポートすることが大切です。入所時のケアだけにとどまらず、在宅中の過ごし方まで含めて、一人ひとりの生き方そのものに関係していると思うと身が引き締まりますね。介護業界は他の業界に比べ、競争や競合という概念が希薄です。以前、上司と話したことがあるのですが、「商売敵は他社ではなく、“ご利用者様のためにならないこと”」という意見で一致しました。仕事をしていて一番うれしいのは、表情が硬かったご利用者様が何かの弾みでにこっと笑ってくれた時。「○○さんが笑いましたよ!」というグッドニュースは一瞬にしてフロアを駆け巡り、スタッフ全員に喜びの輪が広がります。こうしたラクラスの純粋な一体感を私は誇りに思っています。
これからやりたいことを教えて。
「ラクラス上島」を自分たちの手でもっと素晴らしい場所にしていくこと。日常業務の中で改善点を洗い出し、ご利用者様のためによいと思ったことはどんどん取り入れる。やるべきこと、やりたいことがいっぱいです。

これから入社する仲間にひとこと。
介護という仕事に興味があって、やる気に満ちた仲間と一緒に仕事がしたいですね。知識と技術は先輩がわかりやすく丁寧に指導してくれます。『喜ぶ人の笑顔が好き』という気持ちを大切に、期待感を持って入社してください。
 
仕事と家事・育児を両立できる環境に感謝。介護福祉士の資格取得に向けて勉強中です。
信頼関係ができるとすごく楽しい。人のために尽くす喜びを知りました。

護ヘルパー2級の資格を取得して飛び込んだ介護の世界。身体を動かして元気いっぱい働き、しかも人の役に立っている実感が得られるこの仕事は天職だと思います。遠州鉄道(ラクラス)に入社して 最初に配属されたのはショートステイ。目を離すと転倒の危険性もあり、ADL(日常生活動作)が低下しているご利用者様のケアは正直大変ですが、そこは団結力でクリア。職場の仲間たちは苦楽を共にする“戦友”のような存在ですね。お世話を続けるうちにご利用者様との間に信頼関係が生まれ、「昨日はこうだったから、今日はこうしよう」とか、「こうしてあげたら喜んでくれるかな」と、その人のために使う心の幅がどんどん広がっていきます。
 
短時間勤務で愛娘との時間を確保。働く女性を応援してくれる職場です。

く女性にとって家庭と仕事の両立は避けては通れない課題です。私は長女の出産にあたって産休・育休制度を利用しました。せっかくつかんだ介護という天職を手放したくなかったし、 ラクラスなら続けられると思ったからです。娘は現在、1歳7ヵ月。復帰後は夜勤のないデイサービスに配属となり、短時間勤務で保育園へのお迎えをしたり、日曜日にお休みをいただいたりして、仕事と家庭を両立させています。職場には子育ての大変さがわかっている先輩ママがいて、気配りと同時に知恵や工夫を授けてくれるのもありがたいですね。子どもは日々成長し、やがて自立します。今は大変でも、いきいきと仕事をする元気なママの姿を娘に見せることは意味があると思います。職場や家族の理解と協力があるからこそ成り立っている私の日常。次の目標は介護福祉士の資格取得です。
職場復帰にあたって不安はなかった?
ブランクを埋められるか、家庭と仕事を両立できるかなど、不安はありました。でも、案ずるより産むが易し。育児の疲れは仕事でリフレッシュし、仕事の疲れは家庭で癒すというふうに、どちらも大切な生活の一部になっています。

これから入社する仲間にひとこと。
明るさ、素直さ、笑顔が大切。私たちの仕事はご利用者様に元気を与える仕事です。自分自身がいきいきとしていなければ、ご利用者様も元気になれません。まずは気持ちよく働き、毎日を溌剌と過ごすことから第一歩を始めてください。
 
医療から転身。理学療法士の知識と技術を活かして、ラクラスならではの介護を追求。
一人ひとりに合わせたメニューを考案し、楽しく機能訓練できるよう工夫しています。

職は病院に勤務する理学療法士。訪問リハビリで各家庭を回る機会があり、そこで出会った患者さんから「ラクラスのデイサービスは楽しい」という声を聞きました。入社前の面談で「理学療法士として はもちろん、他の介護職と同じようにさまざまな業務を幅広くやってほしい」と言われ、自分の中で“介護もできる理学療法士”の将来像が芽生えました。ラクラス中島(デイサービス)に所属して数ヵ月。ご利用者様の送迎をはじめ、お茶や食事のお世話、機能訓練などを担当しています。ご利用者様の中には、「足腰を丈夫にして、しっかり歩けるようになりたい」という前向きで意欲的な方もいれば、そうでない方もいらっしゃいます。個々の身体状態や個性に合わせてメニューを組み立て、単なる機能訓練ではなく、楽しさや達成感を感じられる内容を工夫しています。
 
目からウロコが落ちたオープニング研修。介護は究極のサービス業であることを実感。

護の仕事というと、トイレや入浴などを介助したり、歩行や食事を助けたりといった場面を思い描きますが、それらはほんの一部。人の心は身体と一緒に絶えず活動していて、メンタル面での フォローが欠かせません。ラクラス中島のオープニング研修では、高齢社会を迎えた世の中の現状や介護保険制度の仕組み、ラクラスを運営する遠鉄グループの考え方、現場を担うスタッフの資質など、介護を取り巻く全体を幅広く学ぶことができました。なかでも、接遇研修で教えられた“介護は究極のサービス業”という捉え方には目からウロコが落ちました。医療の専門家として主に身体機能の回復を見つめていたこれまでの自分から、喜びや楽しみ、幸福感を提供できるスペシャリストへ。まだまだ駆け出しの未熟者ですが、ご利用者様から多くを学び、上司や先輩方からいろいろな知識を吸収して、ラクラスになくてはならない人材になりたいと願っています。
介護の未経験者でも大丈夫?
まったく心配ありません。ラクラスの新人研修やオープニング研修は内容がとても充実していて、OJTでは親切・丁寧に指導してくれます。「ご利用者様とご家族は大切なお客様」という基本を踏まえ、やる気を持って臨んでください。

これから入社する仲間にひとこと。
広い視野とバイタリティー、貪欲に吸収する積極性が大切。また、介護の仕事は相手の反応がダイレクトに自分に返ってきます。小さなことにクヨクヨしない芯の強さも必要ですね。やりがいは十分あります。一緒に頑張りましょう!
各施設の採用情報は 採用TOPへ