HOME > 赤電ライブラリー > 赤電こぼれ話

赤電こぼれ話

遠州鉄道概要

営業キロ 新浜松駅〜西鹿島17.8km(S60.12.1新浜松駅〜助信駅間2.64km高架化)
軌間 1,067mm
車両数 電車30両(2両固定編成で15編成・全車冷暖房完備)、機関車1両
列車編成 通常は2両固定編成で運転(朝晩のラッシュ時4両編成運転)
駅数 18駅(有人10駅・無人8駅)
1日当走行キロ 2,954km(上り83本、下り83本)
年間旅客数 約970万人(平成20年度)
閉塞方式 単線自動閉塞式 全線CTC(列車集中制御装置)化
西鹿島駅はPRC(プログラム進路制御装置)化
ATS(自動列車停止装置) S51.11.15全線(速度照査方式)導入
ダイヤグラム 12分ヘッド
所要時間 上り32分40秒、下り32分50秒
最高速度 70.0km/h
電車線電圧 直流750V
変電所 無人5ヶ所 容量 八幡変電所:1,500kW 自動車学校前変電所:1,500kW
小松変電所:1,250kW 小林変電所:1,000kW 岩水寺変電所:1,250kW
列車無線の設置 S43.6.25開局
CTC化 S42.12八幡駅〜西鹿島駅間、S49.3全線完成
踏切道 第1種60ヶ所 計60ヶ所

車両形式と主要緒元

2000形式

写真/2000形式
■全長 19.0m
■全幅 2.73m
■定員 130人
■重量 M車31.2t、Tc車26.4t
■電動機定格出力 120kw×4個
■駆動方式 平行カルダンWN継手式
■設計最高速度 80km/h
■制御方式 VVVFインバータ制御、回生/発電ブレーキ併用
■製造会社 日本車両製造
遠州鉄道では初のVVVFインバータ制御方式を採用。現行の1000形の車体デザインを踏襲しながら、省エネルギー及びメンテナンスフリー化を実現した。20世紀に向けての新型高性能電車という意味から2000形と名付けられた。

1000形式

写真/1000形式
■全長 19.0m
■全幅 2.73m
■定員 145人
■重量 M車36.0t、Tc車30.0t
■電動機定格出力 120kw×4個
■駆動方式 中空軸平行カルダン方式
■設計最高速度 70km/h
■ブレーキ方式 電気指令式空気ブレーキ、(HRD1-D)応荷重装置付、発電ブレーキ併用
■製造会社 日本車両製造
JR浜松駅前の都市開発と、遠州鉄道高架化に対応してスタイリングを一新した。

30形式

写真/30形式
■全長 18.82m
■全幅 2.70m
■定員 140人
■重量 M車35.0t、Tc車28.0t
■電動機定格出力 112kw×4個
■駆動方式 吊り掛け式
■設計最高速度 70km/h
■ブレーキ方式 元空気溜管式空気制動機、電気ブレーキ併用 (AMM-D)
■製造会社 日本車両製造
遠鉄電車初の全鋼製客車で昭和36年より赤色塗装。昭和55年までこの形式車両の導入が続いた。

ED282(機関車)

写真/ED282(機関車)
■全長 9.090m
■全幅 2.405m
■重量 25.4t
■電動機定格出力 74kw×4個
■駆動方式 吊り掛け式
■ブレーキ方式 元空気溜管式空気制動機
■製造会社 英国電気椛蜷ウ14年11月製