ホテルアテンダント職の仕事内容 ホテルアテンダント職の仕事内容

心と心が触れ合う、笑顔のコミュニケーション。
それが「九重流」おもてなしの基本です。

ホテル九重では、お客様に心からくつろいでいただけるように、ご滞在中はなるべく決まったスタッフが担当しています。
そこで、ホテル九重の上質なサービスの基本、1泊2日のお客様をお迎えする場合の勤務スケジュールをご紹介します。
※勤務の一例となる2日間の勤務スケジュールをご紹介しております。

[ ホテル九重:ホテルアテンダント職 小田 成葉 ]

2日間の
勤務スタート!

14:30

勤務開始

出勤後、本日担当するお客様の情報を確認して、客室の点検に向かいます。点検が終わったら、
みんなで玄関先に並んでお客様の到着を待ちます。お客様にも好評のお出迎えです。

15:00

お出迎え・ご案内

お客様が到着されたら、お荷物をお預かりして、フロントまでご案内。お客様のチェックイン手続きが終わったら、お部屋までご案内します。お部屋に到着したら、お出迎えのお茶と和菓子をお客様にお出しします。館内やお風呂の時間などのご案内、浴衣のサイズ、ご夕食の時間やお食事場所など、お客様と打ち合わせをします。
お出迎え・お付き

16:30

夕食準備・配膳

お客様の夕食時間やアレルギー等の情報を確認し、夕食の準備に取り掛かります。一人で一組のお客様を担当する場合や、数名で複数の団体のお客様を担当する場合があります。小さなお子様や足の不自由な方がいらっしゃるときは、お席の配慮をしております。
お客様それぞれに
心を込めた接客を

17:30

夕食接客

食事会場の前でお客様をお待ちし、お席へご案内。続いてお料理を運びます。料理はただ並べるだけでなく、産地や食材などのご説明をして、よりおいしくお食事を楽しんでいただけるように努めています。お客様によってお食事のスピードはまちまちなので、お料理を運ぶタイミングなど、常に心配りをしています。
夕食接客

21:00

片付け

お客様が食事を終えられたら、片付けです。翌日すぐに使用できるように掃除をし、テーブルセットして、1日目の勤務は終了。お疲れさまでした!
通勤が楽で
とっても便利です!

22:10

帰寮

ホテル九重の客室アテンダントは2日にわたる勤務シフトが基本なので、歩いて5分の近場に社員寮が用意されています。通勤にほとんど時間を取られないので、時間を有効に使えますよ!
帰寮

6:45

出勤

まだ朝早い時間ですが、7時から朝食バイキングが始まるので15分前に出勤。バイキングの準備自体は、早番のスタッフが先に会場へ行って、食器や料理を用意してくれています。

7:00

朝食サービス

7時から朝食バイキングがスタート。お客様を空いている席へご案内したり、お盆をお客様に渡したり。初めてで勝手がわからない方もいらっしゃいますので、常に気を配りながらお客様に接することが大切です。
朝食サービス

9:00

朝食終了・片付け

朝食バイキングは9時に終了。お客様全員が会場を後にしたら、後片付けをします。
最後まで心をこめて
お見送りします

10:00

お見送り

今回は1泊2日のケースなので、前日から担当させていただいたお客様を、お見送りします。玄関係がお客様の車を玄関先まで移動させたら、荷物を車までお運びし、当館にいらしていただいたことへの感謝の気持ちを込めて、お客様の姿が見えなくなるまでお見送りします。
お見送り

10:30

勤務終了

感謝のお手紙を
いただくことも!
ホテル九重は、このように担当のホテルアテンダントが、お客様のお出迎えからお見送りまでおもてなしをしているため、お客様に顔を覚えていただくことが少なくありません。リピートでのご利用やお手紙など、お客様とのお付き合いはずっと続きます。