ホーム > 企業情報 > 遠鉄グループソング「街と生きる」

遠鉄グループソング「街と生きる」 遠鉄グループソング「街と生きる」

「遠鉄グループがあって良かった」
地域の皆様に、いつでもそう感じてもらえる存在でありたい。そんな想いを抱き続けて70年。
遠州鉄道70周年という一つの節目を迎えた私たちは、グループ総合力・結束力をさらに高め、もっと地域の皆様の期待に応えていきたいという想いを新たにしています。
その象徴となるのが、70周年を記念して生まれたグループソングです。
グループ社員の想いを歌詞にのせ、曲は私たちと同じ地元愛で結ばれた浜松出身の作曲家、村松崇継氏にお願いしました。

遠鉄グループソング 「街と生きる」

作詞:遠鉄グループ社員一同  作曲:村松 崇継

街と生きよう 街と話そう かなえたい夢は きっとこの先にある
風に舞い上がる まっすぐな心 いつだってすぐそばに 遠鉄グループ

街に願いを 街にときめきを みんながいつまでも 笑顔でくらせる街
七色に輝く 虹の橋の下で 明日また会えるよね 遠鉄グループ

人の心潤す 川の流れ聞いて この街と生きていく 遠鉄グループ

街と生きよう 街と話そう
かなえたい夢は きっとこの先にある
風に舞い上がる まっすぐな心
いつだってすぐそばに 遠鉄グループ

街に願いを 街にときめきを
みんながいつまでも 笑顔でくらせる街
七色に輝く 虹の橋の下で
明日また会えるよね 遠鉄グループ

人の心潤す 川の流れ聞いて
この街と生きていく 遠鉄グループ

村松 崇継(むらまつ たかつぐ)

村松 崇継 (むらまつ たかつぐ)
作曲家・ピアニスト/1978年 浜松市生まれ。

浜松日体高校在学中にピアノソロアルバム「窓」でメジャーデビュー。国立音楽大学作曲学科在学中に映画「狗神」の音楽を手掛ける。2004年NHK連続テレビ小説「天花」の音楽を史上最年少で担当。2009年「浜松市やらまいか大使」に就任。

〈主な作品〉

映画/「クライマーズ・ハイ」、「誰も守ってくれない」、「大奥~永遠~右衛門佐・綱吉篇」。ドラマ/NHK連続テレビ小説「天花」、NHK朝の連続テレビ小説「だんだん」、NHK土曜ドラマ「氷壁」。楽曲提供/竹内まりや、新沼謙治 他。本人アルバムCD/5thアルバム「Piano Sings」、4thアルバム「Spiritual of The Mind」。2014年夏、スタジオジブリ最新作「思い出のマーニー」楽曲担当。

村松さんの遠鉄グループに対する愛情が感じられた初回の打合せ風景。

村松さんの遠鉄グループに対する愛情が感じられた初回の打合せ風景。

グループ従業員から集めたキーワードをもとに歌詞を創り、村松さんにより作曲されました。

グループ従業員から集めたキーワードをもとに歌詞を創り、村松さんにより作曲されました。

「街と生きる」のレコーディングでは、村松さんのやさしく、丁寧な合唱指導により肩の力も抜け笑顔溢れる収録となりました。

「街と生きる」のレコーディングでは、村松さんのやさしく、丁寧な合唱指導により肩の力も抜け笑顔溢れる収録となりました。

歌を吹き込むのは「えんてつ合唱団」。村松さんの“想い”と、えんてつ合唱団の“想い”が込められ、「街と生きる」は録音されました。

歌を吹き込むのは「えんてつ合唱団」。村松さんの“想い”と、えんてつ合唱団の“想い”が込められ、「街と生きる」は録音されました。

楽曲贈呈式で竹内会長が受け取ったのは、村松さんの魂が宿ったゴールドディスク。

楽曲贈呈式で竹内会長が受け取ったのは、村松さんの魂が宿ったゴールドディスク。

最後は村松さんの指揮のもと、えんてつ合唱団と列席者全員による「街と生きる」の大合唱となりました。

最後は村松さんの指揮のもと、えんてつ合唱団と列席者全員による「街と生きる」の大合唱となりました。