ホーム > 人と仕事 > 先輩からのメッセージ > 若手社員

大野 嘉彦 Yoshihiko ONO
入社年/2014年 総合職

賃金管理や個人所得税、安全衛生法への対応など、人事面のサポートを通じて現場社員が働きやすい職場環境を整備しています。今までの仕事で一番達成感を持ったのは、従業員全員分の年末調整の手続きを終えた時です。約1000人分の書類を見た時、「こんな大きな仕事が私にできるのか」不安しかありませんでした。それでも、困った私に優しく声を掛けてくれる同僚や、上司には本当に救われました。やり遂げた時は、大きな自信となりました。今では、入社して間もない私に大事な仕事を任せてくれた会社に感謝しかありません。遠鉄タクシーは、先輩社員が若手に気軽に声を掛けてくださる会社。私はその雰囲気が入社時から好きでした。さらに、大きな仕事を任せてくれたことで、遠鉄タクシーが若い社員を大切にし、成長を応援してくれる会社であることを実感できました。

小野田 亘 Kou ONODA
入社年/2015年 総合乗務職

学生時代は、タクシーにあまり興味は持っていませんでした。ましてや、自分が職業として選ぶとは考えたこともありませんでした。でも、今こうして総合乗務職として制服を着ているのは、就職活動時に出会った人や、さまざまなタクシー事業の魅力に気付いたからに他なりません。実際にタクシー乗務をしていて、お客様の存在はこの仕事の喜びそのものです。何げない言葉のやり取りや、プライベートではとても知り合えない方々との会話は、この仕事ならではのものであり、お客様にこんなに感謝されるとは思ってもいませんでした。今まで知らなかった場所を訪れる喜びと同じく、人生の出会いの喜びがあります。そんな仕事に就いたのだと入社して気付きました。

松井 良樹 Yoshiki MATSUI
入社年/2015年 総合乗務職

予想外のことが起こると、焦ってしまって周りが見えなくなってしまうのが私の悪いところです。そのため、常にさまざまな出来事を想定して、落ち着いて行動できるように心掛けています。
総合乗務職としてハンドルを握り始めたばかりのころは、誰に対してでも同じように接客するのがタクシーのサービスだと思っていました。でも、経験を積むにつれ、お客様によってベストなサービスが異なることがわかってきたので、どんなお客様がいらっしゃっても気持ちよく乗車いただける接客スキルを身に付けることが目下の目標です。うまくいくことばかりではありませんが、失敗のひとつひとつが自分の糧となるよう、毎回反省しできるだけ同じ失敗をしないように気を付けています。仕事を通じて自分の成長を感じられるのが、この仕事の大きなやりがいです。

海老名 凌 Ryo EBINA
入社年/2015年 総合乗務職

私はただ漠然と、卒業したらサービス業の仕事に就職しようと考えていました。しかし、サービス業といってもさまざまなものがある中でタクシー業を選んだのは、やはりタクシー乗務員だった祖父の存在が大きかったと思います。私が小学生の時、当時祖父が勤めていたタクシー会社に連れて行ってもらったことがあります。その時の祖父の立ち振る舞いが、とにかく「かっこよかった」ことを幼心に鮮明に覚えています。あの時、かっこよく見えた祖父は何を想いタクシーを運転していたのでしょうか。その後、祖父は他界しましたが、誰に対しても優しく温和だった祖父を私は尊敬しています。祖父と同じ仕事をしたく、数ある企業から遠鉄タクシーを選びました。

井上 貴史 Takafumi INOUE
入社年/2015年 総合乗務職

私の夢は、乗務員としてプロフェッショナルであると同時に、運行管理や配車センター、営業や事務といった社内の業務すべてに一流であることです。そのためには、まず一流の乗務員となれるよう、総合乗務職として高い営業収入を目指すことに加え、接客技術を磨くことや資格取得をして業務の幅を広げていきたいです。
また、タクシー乗務員の日々の業務は個人中心の仕事のように見えますが、実は各部署の社員と協力して行う場面が多数あります。年齢や営業所に関係なく多くの方々とコミュニケーションを図ることで、より円滑に仕事に取り組めるよう努めています。これらは乗務員としてだけではなく、社会人として求められる基礎的なものであるため、着実に身に付けられるよう、一歩一歩確実に前に進みたいです。

織 愛花 Aika ORI
入社年/2012年 総合職

合同説明会に参加した際、たまたま座った遠鉄タクシーのブースで先輩社員の話を聞いて「ここで働きたい!」と思ったのが、私と遠鉄タクシーの出会いであり、入社動機です。
先輩社員のお話で心に残ったのは、公共交通機関の中で最もお客様の要望に合わせたサービスができるのが、タクシーだということ。その日ブースで知ったタクシーの姿は、介護タクシー・子育てタクシーなど、それまで知らなかったサービスをさまざまな人たちに提供している、「やさしい乗り物」でした。地域に密着し、細やかなニーズに応えて稼働しているタクシー。そんなタクシーの真の姿を知り、この業界が秘める無限の可能性に魅了された、といっていいでしょう。もう入社して数年がたちましたが、入社前に抱いていたその思いは、今も変わることなく胸に息づいています。