コック職 コック職

さまざまな調理の現場で経験を積んで
なんでもこなせる一人前の料理人になりたい。

コック職
定方 政樹 [ ホテル九重 | 2017年度入社 新卒採用 ]

遠鉄観光開発を選んだ理由

父は和食の料理人で、いつもおいしい手料理を作ってくれました。家族で父の料理を食べる団らんの時間が大好きで、子どもながらに「和食を作りたい!」と思うようになりました。家族旅行でホテル九重を利用したことがあり、高級食材を使った創作会席料理がとてもおいしかったのを今でもよく覚えています。遠鉄グループのホテル九重なら、一人前になるまでの下積みや資格取得も安心してできるし、料理の腕を徹底的に磨けると思いました。

私の仕事

入社後は、先輩のもとで仕込みや盛り付けといった和食の基礎をじっくり覚えていきました。一言で盛り付けといっても、使われている食材一つ一つや器の種類、色合いのバランスなど一朝一夕に身につくものではありません。2年目は焼き場で鰻の串の打ち方、焼き魚の火の入れ方などを学びました。浜松特産の鰻は串の打ち方によって焼き加減が変わり、すぐ焦げたりしてしまうため、特に高い技術が必要となります。そして3年目は、八寸場(はっすんば)という部門で、エビを番傘風にあしらったり、百合根を練って三色団子に見立てたり、色とりどりの前菜の調理を任されています。将来的には野菜場のほか、和食の花形である刺し身場、すべての味を統括する煮方などを経験し、ステップアップしていきたいです。

仕事のやりがい、思い出に残っている体験

バイキング会場では、お客様の目の前で調理する機会があり、「おいしい!」と言っていただけると、言葉にできないほど嬉しいです。自分の夢は、ホテル九重で和食全般の腕を磨き、なんでもこなせる料理人となることです。そのために調理場での経験だけではなく、ふぐ調理師などの資格を取りたいと思っています。仕事の合間や休憩時間に勉強したり、同じ遠鉄観光開発が運営するホテルウェルシーズン浜名湖の厨房で、ふぐの調理の練習をさせてもらっています。料理長をはじめ、先輩たちがそれをサポートしてくれるので本当にありがたいです。これからも研鑽を続けて得意料理を一品二品と増やし、父のように料理で人を感動させられる立派な料理人になりたいです。

当社や観光業界を目指している方へ

料理には和食や洋食、中華など、いろいろなジャンルがあります。もし料理人を目指すのなら、自分が何を作りたいのかをしっかりイメージして就職活動に取り組んでほしいです。料理人は朝早くから夜遅くまで厨房に立ち、何度も反復して体で覚えていく昔ながらの厳しい世界です。共に成長しながら、ホテル九重の魅力である創作会席料理で、たくさんのお客様を笑顔にしていきましょう。